女神山の情報
女神山の最低鞍部の沢(南側)に水場が見つかりました。
  私の東北の山名水
御三家 峰越の水
   焼石岳銀明水
   朝日連峰銀玉水
四天王 薬師岳滝倉の水
       秋 田 県 の 登 山 情 報 へ リ ン ク
白神山地の登山情報 関根章平さんの案内です
秋田岩手の登山情報 一関勤労者山岳会提供
 第1回の真昼山地トレイルランニング大会50㎞は、2019年8月11日に終了しました。多くのスタッフの皆さんのご協力こころからお礼を申し上げます。
 来年の第2回の大会をめざして準備を進めますので、よろしくお願いいたします。
 選手の皆さん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

             真昼山地トレラン大会のホームぺージへ
  
       
       
和賀岳・薬師岳・真昼山登山情報
 和賀岳と真昼岳の花のガイドブックが、「花かおる和賀岳・真昼岳」として、ほおずき書籍から発行されています。お近くの書店か大仙市役所太田支所と美郷町役場商工観光課でお求めください。

          避難小屋等の状況

真昼岳山頂三輪神社鞘堂   04年に新しくなりました。避難小屋としての機能もあります。

薬師岳登山口休憩所     06年11月に新築されました。水もあり避難小屋としても利用できます。自由に使えます。  


 
文字が重なって見える場合は、表示をクリックして文字の大きさを中以下にしてください。

山の花や風景を紹介しています

案 内 者   倉 田 陽 一

         TEL  090-6452-3482

あなたは番目の訪問者です

滝倉より上部、尾根は携帯電話が通じます。万が一に備えて携行してください。また、ヘッドランプも必需品です。
 和賀岳は中級者以上の体力と技術が要求されます。

東北の秘境和賀岳、薬師岳、真昼岳の最新登山情報をお届けします
入山予定 11月  日
 真昼岳
 
 
 最終更新日 2019  年 12  4  日
 アクセス道路情報    

 
         登山教室のお知らせ

 
2020年の登山教室の受講生を募集しましたが、定員になったため募集は終わりです

 
内容は11月が登山用具と装備、12月が登山用語と基礎技術、読図1、1月が読図2、2月が気象と天気図、3月が安全と救急法、4月が登山計画書の作成です。5月から10月が真昼山地の山を中心に秋田県の山を登ります。

 冬期間は各月の第3日曜日です。夏の期間は、山によって異なります。

 12月15日は登山の基礎と地形図についてです。

 

真昼山地山模様へ

 西和賀町の林道の状況 (西和賀町のホームページ

和賀岳・真昼山に関するほかのホームページ
    大仙市のホームページ
    秋田県美郷町のホームページ
岩手県の真昼岳、和賀岳、高下岳の情報
    岩手県西和賀町のホームページ
秋田駒ケ岳、仙北地域の観光案内
     秋田県仙北市のホームページ
秋田県仙北振興局のホームページ
和賀岳、真昼岳周辺の宿泊施設
     秋田県大仙市中里温泉のホームページ
     川口温泉奥羽山荘のホームページ
     千畑温泉サン・アールのホームページ
散策お勧め情報
      もみじ庵のナチュラルガーデン
お勧め食の情報
      農家レストラン 樫
      手づくりパンの店 ブァンブェール
        現地の天気現況
2019年12月14日午前7.18時半  雨  東の風穏やか    
 今朝は小雨が振っています。今日の気象協会の天気予報は曇りから昼前には雨となっています。最高気温は5.7度す。
 週間天気予報を見ると明日は初め雪で明方から曇り、夕方には晴れです。最低気温は夜で零下4.6度、最高気温が2.7度となっています。明後日は晴れで、夕方から曇りです。最低気温は零下4.5度、最高気温は4.8度です。16日は晴れのち曇り、17、18日は曇一時雨、19、20日は曇り、21日は雪時々晴れ、22日は曇りのち晴れ、23日は晴れのち雪、24日は雪となっています。予想最高気温は0度から10度、予想最低気温は零下2度から2度です。

 昨日の午後9時の圏界面の高層天気図を見ると、ジェット気流はインドからバングラディシュ、揚子江河口の南、屋久島付近の上空、東海の南海上を通り東北東に向かっています。
 上空500hPaの昨日21時の高層天気図では、北海道の上空に零下36度の強い寒気はアムール川まで後退しました。零下30度の等温線は、北朝鮮から日本海、稚内付近の上空、オホーツク海へと北上しました。北海道上空の気温は零下29度前後、秋田の上空の気温は零下32.5度から零下26.3度になりました。

 地上天気図と週間アンサンブル天気図を見ると今日から明日は、日本を気圧の谷が通過して2つの低気圧が前線を伴って北日本を通過しています。16日には高気圧が関東を通過しています。17、18日は再び日本海から、前線を伴って低気圧がオホーツク海へ進んでいます。19、20日は北日本を高気圧が通過し、揚子江から南岸、東海上に前線が横たわっています。

 ヨーロッパ中期予報センターの天気図では、15、16日に東北を高気圧が通過して晴れの天気が期待できるようです。次の高気圧が19日に北日本を通過しています。22、23日にも東北南部を高気圧が通過しています。
 気温は天気図を見ると、今回の寒気は15日は後退し、18日から東北に再び寒気が南下して、20日には九州北部まで南下して23日まで停滞しています。

 真昼山地の日の出は7時5分頃、日の入りは午後4時頃と短くなって来ました。ヘッドランプのほか冬の装備が必要です。

 和賀岳の天気は仙北市、真昼岳の天気は美郷町、薬師岳の天気は大仙市のピンポイント予報をご覧ください 。
   

     11月28日
    登山口小屋の情報
 

2002年3月1日開設

 真木渓谷には、日本第2に太いシナノキと、日本一のナラノキがあります。これで、真昼山地には、ブナ、クリ、ナラと日本一太い木があることになりました。  

  

全てのアクセス道路は雪で通行できません。    
 E-mail kurasan@obako.or.jp
 和賀岳・薬師岳情報    真 昼 岳 情 報     和賀・真昼大縦走路情報 
 川 口 渓 谷 情 報   宿泊・観光施設情報   ガイドをいたします(和賀・真昼・羽後朝日岳)

薬師平のお花畑から薬師岳を望む(7月中旬)