「トップページ」へ戻ります

→「トップページ」へ   
→「サイトマップ」へ   
→「施設紹介」へ   
↓「第一展示室」へ   ↓「第二展示室」へ
↓「ホール及び展示通路」へ   ↓「熱帯温室」へ
↓「曲屋」へ   ↓「バラ園」へ
↓「公募企画展」へ   ↓「特別展」へ

展示案内


第一展示室


 江戸時代から昭和30年代までの秋田県農業の変遷と、昭和30年頃の稲作機械化以前の農山村の姿について学ぶことができます。
→第一展示室の詳細はこちら   

↑「ページの先頭」へ戻る   

第二展示室


 身近なテーマをもとにした農業と科学、食や農、県内農業の新しい情報など、楽しく、考え、学ぶことができます。
→第二展示室の詳細はこちら   

↑「ページの先頭」へ戻る   

エントランスホール及び展示通路


 エントランスホール右側の壁には、日本全国の稲作に関するさまざまな資料を展示しています。
   
 エントランスホール右側通路には、「あきたこまち」に代表される「秋田の米」に関する資料、米の病気や害虫についての資料を、展示通路右側手前には世界の米を展示しています。
   
 展示通路、入口から見て左側の壁には、加賀谷政雄氏の農村風景の写真を展示しています。
   
 展示通路、入口から見て右側の壁奥には、農業に関する先覚として、石川理紀之助らを特設展示しています。
→特設展示の詳細はこちら   

↑「ページの先頭」へ戻る   

熱帯温室


 約200種類の熱帯・亜熱帯植物が植栽され、四季を通じてさまざまな花や果実を観察することができます。1月~2月には特別展「洋ランフェスタ“春を迎える”」を温室内で開催します。
→熱帯温室の詳細はこちら   
↓特別展「洋ランフェスタ“春を迎える”」の詳細はこちら   
展示されている花をフォトグラフで紹介しています。 →フォトグラフ一覧へ   

↑「ページの先頭」へ戻る   

曲屋(平成12年2月 国登録有形文化財に指定)


 明治33年から36年にかけて建築された旧伊藤家(仙北市田沢湖)の家屋を移築したものです。昔の農家の生活を学ぶことができます。冬期間を除き、自由に見学できます。秋田県内での曲屋は、仙北地域特有のもので、他の地域には見られません。
→曲屋模型についてはこちら   

↑「ページの先頭」へ戻る   

バラ園


 6月中旬から7月上旬、9月下旬から10月中旬の年2回、約150種200株のバラを楽しむことができます。それぞれの時期に「バラフェスタ」を開催しています。
↓「バラフェスタ」の詳細はこちら   
展示されている花をフォトグラフで紹介しています。 →フォトグラフ一覧へ   

↑「ページの先頭」へ戻る   

公募企画展


 皆さんの生涯学習の成果を発表する場として、多目的ホール、ホワイエ、展示通路を会場にした企画展示を一般に公募し、無料で貸し出しています。
  →今年度の開催予定はこちら   
公募企画展への応募など、詳細は当館までお問い合わせください。

↑「ページの先頭」へ戻る   

2019年度特別展


開催期間 展示名

内容

6月8日(土)~7月7日(日)
開館時間 9:30~16:30
バラフェスタ“初夏を彩る”  バラ園にて、当館自慢の初夏に咲くバラ、約150種紹介します。
9月28日(土)~10月14日(月)
開館時間 9:30~16:30
バラフェスタ“秋を彩る”  バラ園にて、当館自慢の秋に咲くバラ、約150種を紹介します。 
9月26日(木)~10月2日(水)
開館時間 9:30~16:30
土器に生ける秋の草花展  ホワイエにて、県埋蔵文化財センター所蔵の土器に生けた秋の草花を紹介します。 
1月7日(火)~2月16日(日)
開館時間 9:30~16:00(冬期開館時間)
洋ランフェスタ“春を迎える”  熱帯温室にて、色とりどりの洋ランを紹介します。 

各特別展は、休館日を除き、自由にご覧いただけます(無料)。



↑「ページの先頭」へ戻る   
→「トップページ」へ   
→「サイトマップ」へ   

秋田県立農業科学館

〒014-0073  秋田県大仙市内小友字中沢171-4
TEL:0187-68-2300 FAX:0187-68-2351
Eメール:noukan@obako.or.jp
各ページに掲載している情報の無断転載等を禁止します。