平成28年4月25日
 田沢湖畔のウォーキング(2)
   
 

 このウォーキングも昨年の12月初めから一週間に3日〜4日のペースで始めたものの、なぜか今年に入って足、腰に痛みが走る違和感を感じる日が続くようになったのです。、今冬は幸い降雪量も少なく、雪下ろし、雪捨て等も少なくてすみましたが、痛みを感じても出来るだけ歩くようにしておりました。しかし内心いよいよ高齢化の症状かと心の中では否定出来ても体力的に表れ始めたのかと思ったりしているうち2月から3月に入って少しずつ足腰の痛みもやわらいでいくような気がしてきました。ザックのブロック片の重さも昨年12月頃は5キロに始まり2キロになり3月に入って3キロになっています。歩数は11,000歩から13,600歩で時間は2時間10分から30分位をだいたいの目安にしております。今はウォーキングをしていても足腰の痛みはほとんどなくなっています。4月に入ってまもなくですが農作業が本格的に始まるようになると、ウォーキングはしばらくお預けになりますが、これは毎年の登山のための訓練として続けていることです。今年の登る山は計画済みですが、登山実行出来た山からその都度皆さんにお話ししたいと思っています。
 ここで湖畔のコースに戻りますが、道路を進んで行くうち、湖畔間際に遊歩道を設けている所も随所にあって、湖岸の荒々しい岩群も間近に見られる景勝地もあります。僕はそんな場所でコーヒーとお菓子で心ゆくまで山並みと湖面を眺めることが出来たのです。赤い鳥居の御座の石に到着10時3分。御座の石神社に立ち寄ってから石段を下りて行くと観光客6〜7人のグループ二組と思われる人達が神社の石段を上がってきます。他のグループは鳥居の周囲で何やら話し合っていて、ここでゆっくりコーヒーでおやつと思っていたのが騒がしい感じがして早速引き返すことにしました。それで話は前後しますが、先ほどお話しした景勝地でおやつをしたのです。
 駐車場まもなくの湖岸に貸しボートがいっぱいに何台も並んでいます。エンジン付きもあり、足こぎ、手こぎ等今はまったく休業状態です。湖面を見ると、水辺近くに一人の若い女性が日傘を持って砂場のシートで遠くを湖面を見つめているのか、そんな光景もありました。
 冬季のいつものウォーキングは僕の家から大曲市街地に向かって3〜4コースを自分なりに設定しています。その日によって天候等もありますが、2〜3回同じコースを歩くこともあります。今回は今年初めての田沢湖畔、市街地の見慣れた景色と違って山と湖、木々にはまだ葉っぱや芽吹き等は見ることは出来ませんでしたが、心に残るウォーキングでした。
 駐車場着11時43分、12.5キロ、16,427歩。ここでオニギリを食べ一眠りと決め込むことにします。

     赤鳥居   春山写す   湖(うみ)みつめ

     春の空     大きく写し    駒の峰


                 武男


武男のブログでもどうぞ

http://yanainfo.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/post-1579.html
平成28年4月25日
 田沢湖畔のウォーキング(1)
  
 


 いつもお米をお買い上げいただきましてありがとうございます。
 こちらでは、田んぼの雪も消え晴天の暖かい日の朝は田んぼから白いもやが一斉に湧き上がります。それが見えた時、春が待ち遠しかった気持ちが一気にとけて、春を間近に感じることが出来ます。そんな最中、4月5日、久しぶりの晴れの日、田沢湖畔のウォーキングに出掛けることにしました。小さめのオニギリ2個、お菓子少々はザックに、飴玉4〜5個はウエストポーチに、着替え等は車に、軽ワゴンRで朝7時35分家を出発しました。

 しばらく国道105号を北上し、角館から国道46号には入らず右側の山々を眺められる道路を気分爽快に進んでいきました。この道路から眺められる東側奥羽山脈は、手前の山並みの雪は消えても奥に連なる朝日岳、和賀岳、薬師岳等はまだ真っ白で朝日を浴びて輝いていました。ちらちら山並みを眺めながらもわらび座劇場を過ぎ国道46号に入りました。ここまで来ると田沢湖ももう間もなくです。

 湖畔の大駐車場に駐車、8時20分。ここから右回りに御座の石を目指す。ザックには3キロのブロック片で少し重みを付けて、軽快に歩き出しました。歩き始めてもまだ朝の気配というか冷たい感じと、夜の湖水から広がった冷気がまだ残っているような、そんなことを思いながら左側に広がる湖面を樹木の間から眺めながら進んで行きました。この道路は田沢湖を1周できるコースでゴールデンウィーク頃からは観光バスがひっきりなしに通る仙北市田沢湖の観光の拠点でもあるのです。一周は約21キロ、ウォーキングで昼食を含めて5時間少々の時間を要します。

 今日は湖畔からの風もほとんどなく、僕みたいに歩いている人もなく、車の通行も時々で、全くと云ってもいいくらいの静けさです。道すがら木漏れ日にフキノトウが所々に咲いていて、樹木はまだ芽吹きも小さいのにたくましくというか、車両のひびきにも素知らぬ顔で僕を見つめているような気もします。途中蓬莱の松という巨木を仰ぎ見る。枝振りも実に堂々としていて何百年もたっているだろうことは容易に僕にもわかります。湖面を眺めながら、真っ青な空と辺り一面の山々の連なりがそっくりそのまま湖面に写されているのです。もちろん湖面に微風もなくこんな光景は見たこともなく初めてのことです。このコースは今まで数回ウォーキングして、一周コースも何回も実行したこともあります。でも、こんなに辺り一面の山々、そして駒ケ岳の雄姿、まだ多くの雪をまとった姿まで湖面に写っているのです。今日はなんと恵まれた日なのかと内心ほくそえんでしまいました。
     (続く)

武男のブログでもどうぞhttp://yanainfo.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/post-6425.html

秋田大曲産 花火の街の極上こまち
ご好評により27年度産米は
品切れとなりました

(ご予約いただいている分のみとなりました)
どうぞ今年の新米まで楽しみにお待ちください

極上のお米を少量からどうぞお試し下さい
お試しサイズ一覧です


(5キロ、10キロ等は「価格・運賃」のページからどうぞ)

価格・運賃
ご注文・お問い合わせはこちらから
お米の特徴
1キロ3個セット 1キロ
「大曲仙北産あきたこまち」
無農薬無化学肥料
1キロ入り3個セット

3,600円(税込)
運賃送料等すべて込(代金引換
「大曲仙北産あきたこまち」
無農薬無化学肥料 1キロ

1,400円(税込)
運賃送料等すべて込
(代金引換)
「大曲仙北産あきたこまち」
減農薬・減化学肥料
1キロ入り3個セット

2,900円(税込)
運賃送料等すべて込(代金引換)
「大曲仙北産あきたこまち」
減農薬減化学肥料 1キロ

1,200円(税込)
運賃送料等すべて込
(代金引換)
農園のあゆみ
農作業の写真
おこめだより

すべて「送料サービス」です。
発送直前に精米致します

PR2
PR1
近くの名勝・旧跡
鳥海山・駒ケ岳の高山植物

ほどよい粘りが、冷めてもおにぎりにしても抜群に美味しいご飯です。
20数年間、県のブランド米として他の追従を許さないお米です。
食べていただくと、他のお米との違いがはっきりします。
ぜひお確かめください。
一夜に80万人を魅了する競技花火の街「大仙市大曲」は
おいしい
「あきたこまち」のふるさとです。