ついに撮りました
リスのリッキー
どこにいるか分かりますか?
では、もっとズームアップで
1日に何回も、
クルミを食べに来てるようです。


動画もどうぞご覧ください。







 
バラ園端の側溝から出てきたのは
何者だ?

ぶたさん?

あなぐまのプー太郎でした。
(木元さん撮影)


かもしかのソクラテス
収納小屋の付近に出没するそうです
(木元さん撮影)

のうさぎのピヨン子
彼女も収納小屋付近に遊びにくるそうです
(木元さん撮影)


   
うもりの守男
曲屋在住。
土間のかまどの上か、隣の台所の天井に
よくぶら下がっている。
大変落ち着きがなく、常に両手で顔をなでているので、
ピントが合わない。
炭焼き釜の中のダースベイダー 



    

シュレーゲルアオガエルのキャリー
曲屋わきの池常住。
普段は縁の石の上にいますが、
そっとのぞくと、”キャッ”と言って
水に飛び込みます。 










しまへびのなが子
せせらぎ在住。
いたずらしなければ
怖くありません。
小さい頭ですが、長い胴体です。
やさしい顔をしています。
普段は、石の下に隠れています。

とかげの赤影
せせらぎの石の上や通路の階段に在住。
ニホンカナヘビというのだそうです。
かわいいのですが、無理に捕まえようとすると
シッポを切って逃げます。 



すずめのチュン
エントランスの屋根在住。屋根の内側で営巣している。
年に何回かの雛をそだてている。大変にぎやかです。

カラスのガー子
農業科学館の敷地すべてで見られる。
大変賢いのだが、人をばかにしたような仕草が
どことなくにくったらしい。
 
カケスのケイ子
敷地内で時々見られる。
見かけたときは美しい羽根が見られるかも!?



クロアゲハ蝶のみやび
熱帯温室に
時折遊びにやってくる。
美しい模様が特徴です。  

 
これは何か分かるかな? あめんぼうの
スイスイ
でした
 
 
いととんぼのかいと
曲屋わきの池在住(夏期のみ)。
糸のように細く透き通るようだが、
食欲旺盛で小さな虫をよく捕まえて
食べている姿が見られる。

むかしヤンマのヤマー
曲屋わきの池在住(夏期のみ)。
よく見てください。虫を食べてるところです。


ヒグラシのカナ子


ニーニーゼミのニーニー




秋田県立農業科学館

〒014-0073    秋田県大仙市内小友字中沢171-4
TEL:0187-68-2300 FAX:0187-68-2351
Eメール:noukan@obako.or.jp                   
各ページに掲載している情報の無断転載等を禁止します。
Copyright © 2000 Akita Prefectural Museum of Agricultural Science,
All Rights Reserved.