「大仙市」

秋田からのおたより
西山の眺め東方向奥羽山脈の眺め



秋田からのおたより
(平成28年〜29年号)
大仙冬の風景集

秋田からのおたより(平成26年11月28日)

秋田からのおたより(平成25年10月22日)
秋田からのおたより (平成25年9月号)
金山町谷口がっこそば金山川屋根付木橋から清流を望む
秋田からのおたより(平成23年5月10日号)

第5回EMによる生ごみ堆肥化勉強会模様

秋田からのおたより(平成23年4月1日号)

真昼岳、山腹に広がる幻想的景観・自然
秋田からのおたより最新号(平成22年10月11日号)
=自然環境浄化推進=
EMによる完全無農薬有機栽培の家庭菜園とまと
秋田からのおたより(平成22年6月27日号)ここをクリック
秋田からのおたより(平成22年4月16日号)ここをクリック

椎茸植菌してきました。
秋田からのおたより(平成22年4月16日号)ここをクリック
秋田からのおたより(平成22年2月15日号)ここをクリック
秋田からのおたより(平成22年2月10日号)ここをクリック
秋田からのおたより(平成21年12月25日号)ここをクリック

川を渡るぼんでん
 今年も、2月11日大仙市花館地区の伝統の小正月行事、
川を渡るぼんでん奉納が行われました。
川向こうにある伊豆山神社へ梵天を奉納するのに、
雄物川を船で渡るのです。、
秋田県南はぼんでん奉納が盛んな地域ですが、
数多い梵天奉納の中で川を渡るというのはここだけです。

秋田、大曲のイメージはは音と光と水の街がコンセプトです。
大曲駅は大曲市の表玄関であり中心市街地の顔であります。
大曲駅から花火通商店街を約200m南方先に丸子川と丸子橋を活
かした橋上公園があります。
この橋上からの川上(東)と川下(西)の眺めは絶景です。
季節の変化をこの場所を出発点として今後、発信してゆきます。
平成22年6月27日号
平成22年2月21日 平成22年2月10日号 平成21年12月25日号 平成20年11月26日号 平成20年10月26日号
平成20年9月3日号 平成20年5月2日号 平成20年3月30日号 平成19年11月7日号 平成19年9月23日号
平成19年4月22日号 平成19年3が28日号 平成19年2月8日号 平成19年1月21日号 平成18年09月10日−12月20日号
18年3月27日号 17年8月24日号号 17年10月20日号 18年3月9日号 平成18年5月23日号
17年8月30日号 17年9月14日 17年8月9日号 17年6月19日号
17年5月21日号 16年9月14日号 17年3月15日号 17年1月21日号 7年1月元旦号
116年11月22日号 16年10月23日号 16年10月22日号 16年10月15日号 16年9月23日号
6年9月14日号 平成16年8月30日号 平成16年7月2日 平成16年6月1日 平成16年3月31日
秋田ふるさと館OTA太田 欣次郎より(白神山地にての写真:真ん中が私です)
内々(うちうち)の話を少しだけ。

創業して55年、地域で評判の、高いファッション感覚の男と女の

洋服と心と心を暖かく結ぶギフトを提供する店としてお客さまにご奉仕してまいりました。

地域のお客様へより密着したサービスを心掛け只今頑張っており

ます。JR大曲駅前モニュメント「えふぱる」(花の広場)とアイ

ドル?ゴリラ像は私が提唱し商店街の仲間で造りました。これに

は地球の平和と人と自然とのふれあいの大切さが込められていま

す。そこから北東方面役2Km緑の自然に囲まれたところに私の店があります

趣味はカラオケ(好きな歌手は堀内孝雄)と花卉・野菜造り・園芸です。

どうぞ、若い方もご年配の方もお気軽にお茶を飲みにお店へお立

ち寄りください。
*ボランティア活動*
青少年育成大仙市民会議顧問
大仙市EM環境浄化研究会・代表
です

〜お問い合わせはこちらまで〜

太田洋品店 秋田ふるさと館事業部
〒014-0805

秋田県大仙市高梨字水里36-3

TEL:0187-63-6080(FAX共通)
[HOMEへ]  [ふるさとの小袋] [リンクの小袋]