旬のお届け 秋田の山菜
              おまかせセット

全国宅配運賃無料 ¥3,675−
5月頃出回る山菜
=ふきのとう・ひろっこ・行者にんにく・こしあぶら・笹竹の子
・たらの芽・ほんな・あいこ・しどけ=

、などです。
(季節の旬を各種3〜4人前4〜5品種入っています。
内容については季節要因がありますのでその都度下記メールにて問い合わせ下さ
い。)

行者ニンニクの群生
成分:普通のニンニクよりもアリシン
を豊富に含んでいる。抗菌作用、ビ
タミンB1を持続させる効用がある。
血小板凝集阻害活性のあるチオエ
テール類も含むために血圧の安定、
視力の衰えを抑制する効果があると
言われている。
行者ニンニク
行者ニンニクは長さ20cm〜30cmの
草丈、葉の大きさは3cm〜10cm、
強いニンニク臭がある。
地下にラッキョのような鱗茎を持つ。
初夏、花茎の頂上に、白色または淡
紫色の小花を多数つける。
食べ方:葉茎を主に食用とする。しょ
うゆ漬けにして保存したり、生のまま
おひたし、ぎょうざ、卵焼きに混ぜるな
どして食べる。

たらの芽
:山菜の王と言われていいます。枝先の芽だけを指で折り取り収穫そます。刃物でで枝ごと切り取るような事は絶対にしないよう注意。。
ほんな:(ヨブスマソウ)
秋田県では「ほんな」といいますがこれはヨブスマソウです。=ヨブスマ=っていうのは、コウモリのことです。コウモリが羽根を広げたような葉の形をしているのこう呼ぶようです。
食べ方:おひたし、てんぷら


ほんな
たらの芽
食べ方:
てんぷら、和え物
薬効:糖尿病、胃潰瘍、腎臓病。

こしあぶら:ウコギ科、ウコギ属の落葉高木
こしあぶら
名前のいわれ
昔、塗料の油を取った事からこの名があります。
たらの芽よりもアクがあります。若芽、若葉を食べます。
食べ方:てんぷら、炒め物、ゆでて、水にさらしアクを取ります。
薬効:強壮、健胃、整腸、腰痛。

山菜 みずな(あかみず)
(みずな・うわばみそう)
わらび
里山の日当たりの良いところに群生している。酸性土壌を好む。
食べ方:春から初夏に若芽を採取して食べる。木灰、重曹に熱湯
を使いあく抜きして食べる。
おひたし、味噌汁の具、


わらび
(写真左は生わらび:写真右は熱湯、重曹であく抜きした状態)
山菜・みずな
食べ方:
癖もなく歯ごたえが良い。あくはない。
(みずな・うわばみそう)生のまま、根元近くの堅い部分や根を細かくたたき、二杯酢か三杯酢で、又、わさび醤油をかけても美味です。葉は天ぷらに、茎は、さつまあげ等と一緒に醤油味で煮ます。

笹竹の子
竹の子:秋田の竹の子は「根曲がり竹の子」です。太さは1cm〜3cm、長さ20cm〜30cm位の細い竹の子です。山奥の斜面に群生の根曲がり笹竹の竹の子です。竹の子自体は必ずしも寝曲がりではありません。
食べ方:てんぷら、煮物、炊き込みご飯、汁物、炒め物など用途は広いです。

しどけ

しどけ
食べ方:しどけ独特の香りが山菜らしさを感じます。おひたし、和え物=葉と茎の部分を別々に茹でると美味しく食べることが出来ます。=葉はてんぷらが美味しい。
採取の注意:毒草のトリカブトと葉が似ているために注意。


メールによるご注文はこちらから。
自動注文はこちらから注文ページへ
秋田の逸品を全国へ
秋田ふるさと館OTA

〒014-0805
秋田県大仙市高梨字水里36-3
0187ー63-6080(FAX共用)