千屋断層と六郷地震

  Member   優菜 祐香 瑠伽

 

はじめに

自分たちの住んでいる地域でおこった地震について知りたいと思い、六郷地震とその原因である千屋断層について調べてみた。

 

 ☆QA 

  Q:千屋断層はいつできた?

   A:1896年(明治29年)8月31日にでき、陸羽地震(通称・六郷地震)を引き起こした。

 

  Q:どのようにしてできた?

  A:プレートによって圧縮され、地層がずれてできた。最大で3.5mの落差がある。

    fig1  

 

Q:どこからどこまで続いている?

A:仙北市田沢湖町から美郷町六郷東根まで約40km

 

Q:六郷地震はどんな地震だった?

A:震度6の地震だった。被害の大きかった旧六郷町では、死者30人以上、負傷者数十人、行方不明者1名、家屋の全壊900戸以上、半壊100戸以上の被害が出て、全く被害のない家はなかったらしい。

 

Q:何に指定されている?

A:国の天然記念物                     

 

DSC01179

 

見所

もともと田んぼだったところに最大3.5mの断層が突然出現したところ。

地層は保護の為、見ることができない。

 

☆感想

昔多くの被害をもたらした地震が、今自分たちが住んでいる平和な地域でおこっていた事に、驚きました。今後、そのような大きな地震がおきた時に、正しい行動をとれるようになりたいです。